|  Twitter
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カテゴリ「スポンサー広告」内の最新記事



--/--/--(--) | Permalink  |  スポンサー広告   ランキング   EDIT   Top↑
百年の恋も冷めた瞬間!99年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1274785552/

655 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/14(月) 00:07:22 ID:gN8TfDFW
元彼は「料理に詳しい、料理上手な自分」アピールが上手で、
食材やら調理法の薀蓄が凄かった。
鍋パーティでは鍋奉行だし、わたしの包丁の使い方に駄目だしされたり。

付き合って暫くしてから「彼の自宅で料理を作ってくれる」ってことに。
台所にはプロみたいな台所用品がばっちり揃ってて、びっくり。
でも見学してると、手際が悪いのに能書きばっかり達者で、あれ?みたいな感じ。

メインは炒め物だったんだけど、中華鍋をものすごい熱して、熱しまくってた。
材料投入と同時に、半端ない量の煙が発生。
「煙凄いけど、大丈夫なの?」とわたしが言っても、
「本格的なのはこういうものだ」とか言って、火を消さない彼。

とりあえずわたしが窓を開けたんだけど、そのあたりで、鳴り響く火災報知機。
で、鳴り響くインターフォン。「大丈夫ですか!?」って、がんがんドアも叩かれてて、
彼が出たら、マンションの管理人さんだったっぽい。

彼は「料理をしてて…」とかもごもご謝ってたけど、
「普通の料理で出る煙の量じゃないですよ!?ほんとに火災になりますよ!?」って
めちゃめちゃ叱られてた。
更に消防車のサイレンの音がこっちに向かって近づいてくるのが聞こえる。
消防車呼ばれちゃったよ…

管理人さんは「あー 誰か消防呼んだみたいですね、こっちで謝って帰って貰うから」って帰っていったけど、
廊下には他の住人もいっぱい居たっぽかった。
(ファミリータイプのマンションをルームシェアしてたから、住人の数も多かったと思う。)
「管理人さんと一緒に出て行って、謝りに行った方がいいよ」って言ったのに、
なんだかんだ誤魔化す彼に、この時点でかなり冷めた。帰りたかった。

でも正直、この大騒ぎの中にわたしが出て行ったら、
自分が犯人みたいかなーとか思っちゃって、帰れなかった。ヘタレだ。

656 :655つづき:2010/06/14(月) 00:09:24 ID:gN8TfDFW
で、まだ煙っぽい部屋で、作ったごはん出された。(炒め物は半端なく焦げてたので捨てて貰った。)
まずかった。ごはんがべっちょりしてるとか、スープが凄く薄くてぬるいとか、ブロッコリの大きさ揃ってないとか、
なんていうか、「中学生が家庭科で初めて作った料理」レベル。

これが「普段料理しない人が一所懸命作った」料理だったら努力を認めただろうけど、
あれだけ「料理ができる俺」アピールされた後だと、ほんと、がっかりした。

まあ、作って貰ったものに文句言ったらいけないと思うから一応食べたけど。
本人も失敗しつつあるのは認めてたみたいで、場の空気が悪いのを払拭しようとして、
「デザートに桃食べようね、俺、剥いてくるよ」とか頑張ってた。
白桃はわたしの好物で、一緒に買い物したときに買って貰ったやつ。

桃だいすきなもんで、「とりあえず桃たべてから帰ろ」と意地汚く思ってたらさ、
皮を剥いた大きな桃がひとり1個ずつ、まるごと、皿に乗って出てきた。

…まるごと?これをどうしろと?
いやいや果物の食べ方はご家庭によって違うのかもしれないしとか考えつつ
「あの…どうしてまるごとなの?」って訊いたら、
「切ろうと思ったら種が硬くて切れなかったから。かぶりつけばいいかと思って」だってよ。
「大根のかつら剥きができない」と言った私に「あんなの簡単だよ」と言った男の言うことか。

桃くわずに帰った。帰りに桃買って、自分で剥いて、切って、食べた。美味しかった。

後日、元彼とルームシェアしてた男性(この人とも友達だった)に聞いたら、
台所にあった素晴らしい台所用品はすべて、こちらの男性(元料理人だったことが判明)のものだった。
あと、最悪なことに火事騒ぎをわたしのせいにされていたことがわかった。

657 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/14(月) 00:14:55 ID:tfGnZNq/
うわ最悪だな、頭おかしすぎる
死ねばいーのに

658 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/14(月) 00:16:48 ID:3Vb8kthy
>>655
元彼になってよかったねとしか言いようがない


659 :おさかなくわえた名無しさん:2010/06/14(月) 00:21:24 ID:W/nzyWjz
碌に鍋に火もかけられないのに
その凄いという食材や料理法の蘊蓄はどっから仕入れてたんだろうな
そこだけは感心するわ
まあ蘊蓄レベルの料理法とかはレストランとかでバイトとかして
何度も何度もやらないと頭だけじゃ絶対出来ないけどね

663 :655:2010/06/14(月) 00:35:21 ID:gN8TfDFW
>>657 >>658
同意ありがとう
当時この話を周囲にしても、
相当彼のことを知ってる人(彼が外面だけだってことを理解してる人)しか
わたしのことをなかなか信じてくれなかったんだよね。
浅い知り合いの人は「えー?だって元彼さんでしょ?ありえない」みたいなね。
彼のことをまったく知らない人の場合は、
逆に「鳴り響く火災報知機&まるごと桃」で爆笑されるし。

>>659
それが最近になって漫画喫茶で「美味しんぼ」とか料理漫画を読んでたら、
元彼の元ネタがちょこちょこ判明したんだ…
ほぼ海原先生たちの受け売りだった様子
それで思い出して書いちゃったんだけどね。



関連記事



カテゴリ「食べ物ネタ」内の最新記事



2013/01/29(火) | Permalink  |  食べ物ネタ  |  コメント(11)   ランキング   EDIT   Top↑



この記事へのコメント

  1. 名前: 冷めてない名無し :2013/01/29(火) 11:50:48 ID:- [編集]
    知識を溜め込んだことでやってないけど出来る気になったんかね
    確かに端から聞いたら笑い話だわw

  2. 名前:   :2013/01/29(火) 12:29:32 ID:- [編集]
    海原先生は色んな人に悪影響を与えているよね
    まったく罪深いよ…

  3. 名前: 冷めてない名無し :2013/01/29(火) 12:38:41 ID:- [編集]
    そんなにマンガの薀蓄を覚えられるなら、その労力を
    料理に使えばよかったのにね

  4. 名前: 名無しさん@ニュース2ちゃん :2013/01/29(火) 14:19:28 ID:- [編集]
    家に本格的な調理器具があったからちょっと気分が料理人になってしまったんだろう。
    料理できる気になっちゃったのはまぁ可愛いとして、
    火事騒ぎを彼女のせいにしたのは人としてオワットル。

  5. 名前: 冷めてない名無し :2013/01/29(火) 14:36:54 ID:- [編集]
    読んでて盛大にワロタ

  6. 名前: 名無しさん :2013/01/29(火) 15:02:18 ID:- [編集]
    ある意味その外面の良さには感心する

  7. 名前: 冷めてない名無し :2013/01/29(火) 16:09:43 ID:- [編集]
    料理でそこまで煙だせるのもすごいな
    ほとんど炭化してるだろ

  8. 名前: 鬼女速名無しさん :2013/01/29(火) 16:49:34 ID:- [編集]
    友達にもいたわぁ・・・
    美味しんぼ読んでるやつにまともなのはいないのかね

  9. 名前:   :2013/01/29(火) 18:16:56 ID:- [編集]
    料理上手を過剰なアピールするやつはろくなもんじゃない
    男も女も
    味噌から手作り、梅干しも自分で漬けます、ダシをちゃんととらないなんて信じられません(キリッ
    と書いてる女は、結婚して後家事もせず遊びほうけて実家に帰された汚部屋バツイチだったりする
    ツイッターなんかで必死に料理上手をアピるヤツは地雷だ
    気をつけろ

  10. 名前: 冷めてない名無し :2013/01/29(火) 19:01:13 ID:- [編集]
    美味しんぼは美食家(笑)を量産する有害図書だな・・・

  11. 名前: 名無し :2013/01/30(水) 03:19:43 ID:/R0VTkRc [編集]
    プロの料理人&同居人の手際を見て勘違いしたんだと思う。
    動画で見ても、プロが作る炒飯とかオムレツとかは
    「簡単そう」に見えるから。「そう」であって「簡単」では無いんだけど。
    プロがあまりにもあっさり作るから、見てると出来る気になってしまう。


コメントを投稿する

※Spam防止のため、「http://」を禁止ワードに設定してあります。
※本文のみで書き込めます。

 管理人にだけに表示  (管理人にのみ公開されます)


カテゴリ別最新記事
Loading

下ヘッドライン



最近の記事(30件)



人気記事






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。